Biologico,Inc.

Biologico,Inc.

i nostri fornitori

生産会社情報

ラ カンティーナ ピッツォラート

La Cantina Pizzolato S.r.l.

取扱商品:オーガニックワイン

イタリアにおけるオーガニックワインの先駆け
一目置かれるワイナリーの伝統のワイン作り

ピッツォラート社の歴史は、ピッツォラート家が1900年に北イタリア・ヴェネト州、トレヴィーゾの田舎を開墾したことから始まります。5代に亘り、ピッツォラート家は農業に励んできました。1985年よりオーガニックワインを造り始めたのは、現在も代表を務めるオーナー・セッティモ氏の決断でした。1991年には公式にEUのオーガニック認定を受けました。ヴェネツィアの北、トレヴィーゾに58ヘクタールの土地を所有し、オーガニックワインを栽培しています。この土地は土壌が豊かで、ワインの原料となる葡萄の原産地が厳しく定められているエリアでもあります。早くからオーガニックワインに取り組んだ成果もあり、ピッツォラート社は現在イタリアで最もオーガニックワインを販売しています。

ワイナリーのシンボルでもあるトンボは、ブドウ畑に多く生息し自由気ままに飛び回っています。これは、環境が綺麗で、生物多様性が豊かである証でもあります。汚染されていない環境で育つ健康なブドウは、酸化防止剤を必要としないワインの生産を可能にするとセッティモ氏は考えています。
オーガニックワインでは、酸化防止剤の含有規制値が一般のワインに比べ半分以下に制限されています。ピッツォラート社では、この酸化防止剤量を極力押さえたワインに加え、酸化防止剤不使用の4種類のワイン(カベルネ、メルロー、ロッソコンヴェント、プロセッコ)を生産しています。ワイン醸造の過程において可能な限り空気との接触を減らし、必要以上の発酵を防ぐため細心の注意を払うことで保存料は要らなくなるのです。また、一切の薬剤や代替品の使用を禁じながらも、香り豊かでそれぞれのぶどうの性質を感じることが出来るのは、ひとえに最新の技術と自然環境に配慮したワイン作りによります。

ピッツォラート社のワインは、全て「ヴィーガン」認証も取得しています。「ヴィーガンワイン」とは、動物由来の材料がワインに含まれていないだけでなく、ワインを作る過程においてもいかなる動物由来の物質も禁じています(例:家畜ふんの堆肥など)。ベントナイトなど粘土質の鉱物を使うことにより、クリアなワインを造ることが出来るのです。

「過去に学び、今この時に生き、そして未来を夢見る…」というキャッチフレーズにあるように、伝統を重んじながらも常に新しい試みを続けるピッツォラート社のワインは、国際ワイン見本市Vinitaly(ヴィニタリー)をはじめ数多くの展示会で賞を受賞しています。

この会社の商品認証マーク
EUオーガニック認定
BIOSUISSE
USDA
The Vegan Society ヴィーガン 協会

取り扱い商品

生産会社一覧に戻る